使い方

チル助おすすめ!サウナに入りながらCBDキャンディでリラックス

こんにちは!チル助です!

今回は、CBD好きのチル助おすすめ、「サウナ×CBD」について書いていきたいと思います。

サウナに入ることで血行促進や自律神経を整えることができる等の作用があります。
CBDを摂取しながらサウナに入ることで、副交換神経がより刺激され、サウナの効果がより発揮されるといわれています。

「ととのう」とは

よくサウナ好きの間で言われている「ととのう」とはいったいどんなものなのでしょうか?

サウナ→水風呂→外気浴を繰り返していくと、あるタイミングで心も体も「ふわっ」っとする感覚があります。
その、とてもリラックスな状態がいわゆる「ととのう」と言われています。

サウナによって交感神経が刺激された後に、水風呂により副交換神経が刺激されることで、
日中に活発な交感神経よりも副交換神経の方がより働くことにより、この「ととのう」という感覚が作られます。

CBD摂取のタイミング

サウナでCBDを摂取する場合、基本的にサウナ内にVAPEの持ち込みはできないので、キャンディタイプやグミタイプのようにサウナに入りながらでも摂取できるものや、CBDオイルをサウナ前に摂取することをおすすめしています。

今回は、FleexのCBDキャンディ#Chillsでサウナ×CBDを試してみました。

サウナ×CBDの効果はいかに!?

サウナ→水風呂→外気浴という一般的なサウナの入り方を3セットしながら、#ChillsでCBDを摂取していきました。

すると、サウナの時にCBDを摂取しない時とCBDを摂取した時では、「ととのう」までの過程に違いがありました。

普段は、サウナ→水風呂の後の外気浴をしている時、胸が詰まってすぐに深呼吸ができなかったんですが、CBDを摂取することですぐにすっと深呼吸ができて、普段よりも早く、深くチルを感じることができました。

CBDを摂取することでサウナの効果を促進させ、いつもよりもワンランク上の違ったチルを感じられることが分かりました。

サウナ×CBDおすすめです!

サウナとCBDはとても相性が良く、CBDを摂取することで普通にサウナに入るよりもサウナの効果をより促進させることができるのでおすすめです。

CBDキャンディーやCBDグミのようなエディブルタイプのCBDであれば、サウナに入りながらでもCBDを摂取できるので、
ぜひ、皆さんも「サウナ×CBD」試してみてください!

-使い方

© 2021 CBD Live