海外

中国CBD大手Yoomaが4つのCBDブランドを買収

2021年3月2日中国の大手CBD&HempカンパニーであるYoomaが、EMMAC Life Sciences Groupのウェルネスブランドを買収すると発表しました。このニュースを解説していきます。

Yoomaとは

From Yooma official HP

Yoomaは東アジアおよび東南アジアにおいてCBD&ヘンプ事業を展開している大手中国企業です、日本国内での認知度は高くありませんが、中国のCBD&ヘンプでは有名な企業です。CBD&ヘンプ事業以外にもマーケティングプラットフォームやECのクロスボーダーシッピング事業などを行っています。

企業HP:https://www.yooma.ca/

EMMAC Life Sciences Groupとは

EMMAC Life Sciences GroupはUKベースの大手大麻企業です。自社ブランドの製造だけではなくリサーチ分析部門も持つ独立系企業です。なお、今回買収したBlossomはもともとはスウェーデン始まったブランドで、それをEMMAC Life Sciences Groupが買収して保有していました。

企業HP:https://www.emmac.com/

 

今回買収したブランド

From Yooma official HP

今回Yoomaが、EMMAC Life Sciences Groupから買収するブランドはBlossom、MYO、Hello Joya、What theHempの4ブランドとなります。

プレスリリース内でYoomaのco-CEOであるRonWardleは「中国に引き続き注力すると共に、Blossomブランドをリブランディングし今年後半に特定のアジア市場で発売する予定です。」と語っています。またこの買収によりYoomaはアジアだけでなくユーロにまで商圏を広げることになります。買収総額は8.1MUSDとされており、日本円にすると約9億円程です。夢がありますね!

まとめ

日本で2020年から新しいブランドが増えているため、今年2021年はより多くの日本ブランドが登場すると考えられます。その後国内でも海外のようにブランドの買収や統廃合が増えていくかと思います。今年は激動の年になりそうです。

-海外

© 2021 CBD Live