その他 海外

あなたの知らないCBDグミの世界

https://hempbaby.com/

CBDフードといえばチョコレート、キャンディ、ガム、飲料と様々な種類のものが発売されていますが、日本で一番知名度のあるものはグミではないでしょうか?

その中でも現在最も売れているのはHemp babyのCBD Gummiesかと思います。最近では入荷と同時に売り切れになってしまうショップも多いと聞きます。

実はあまり知られてはいませんが、世界にはHemp baby以外にも色んな種類のCBDグミがあります。本日はそのいくつかを紹介していこうかと思います。

 

海外CBDグミ5選

Zen Bears

https://zenbears.co.uk/

Zen BearはUKのブランドで、EUから輸入した原料からUK国内で製造を行っています。完全ビーガン対応および原料の有機農法育成をアピールしています。やはりグミのクマ型シェイプは欧米では人気ですね。

Not pot

https://notpot.com/

NotPot CBDグミは、グミのフレーバーが豊富なこととグミの形状が特徴です(クマ型のものもあります)。 有機ひまわり油、サトウキビジュース、有機タピオカシロップなどであるためNotPotグミはビーガンの愛好者が多いとのことです。 またNot potの組はL-テアニンを含んでるいるものがあり、CBDとの相乗効果で高いリラックス効果を得られると言われています。

Lord Jones

https://lordjones.com/

ロードジョーンズは写真からも見て分かる通り高級ラインのCBDグミを提供しています。キャッチフレーズも「世界最高のCBD製品」とあり商品品質に自信がある企業のようです。

ロードジョーンズの特徴としては、標準的なフルーツと柑橘系のフレーバーのパッケージを提供しているだけでなく、洋ナシやブルーベリーなどの限定版フレーバーを展開している点です。

気になるお値段ですが、一粒当たりCBD20mg含有、一パックで9個、合計180mgに対して45-60ドルと非常に高価なものになっています。贈り物などに最適ですね!

Green Gorilla

https://ilovegreengorilla.com/

グリーンゴリラはUSカリフォルニアベースのヘンプカンパニーです。高品質のオーガニック製品を売りにしていますがこのグミの値段は1ボトルあたりCBD300mg配合で60ドルと、USの商品にしてはかなり高価な部類です。

FAB CBD

https://fabcbd.com/

最後にご紹介するのはFAB CBDのグミです。他のメーカーとは異なり、ここのグミには一種類の味とワンサイズの容器しかなく、選択肢は多くありません。形状はおなじみのクマ型です。

 

結論

日本はCBD関連の法規制が厳しいためHemp Babyをはじめとする限られたブランドしか上陸していませんが、実は世界には山のようにCBDグミが存在しています。日本向けに輸出を行うには生産ラインを日本用に整備する必要があるためハードルは高いですが、いつの日か日本でも購入できることを願っております!

-その他, 海外

© 2021 CBD Live