使い方 海外

UFCファイターや総合格闘家の間でCBDがブーム!?

最近アメリカの総合格闘家の間でCBDがブームになっているようです。

コナーマクレガーと2度戦った人気のUFCファイターのネイトディアスが、UFC202の後にCBDを吸引しているのが目撃されて以来、総合格闘家の間でCBDがブームになりました。

Image result for nate diaz cbd vaping

この時、ディアスはUSADAからドーピングに関する警告を受けましたが、事態は一変し近年多くの制限が解除され、世界アンチ・ドーピング機関の禁止リストから削除されたことで利用に制限がかからなくなったことが大きく影響しているようです。

総合格闘家がCBDを使っている理由

多くの総合格闘家は痛みと炎症を助けるためにCBD製品を使用しているようです。 MMAは最も肉体的に負担の大きななスポーツの1つであり、痛みが定期的に発生しながらトレーニングを継続し続けなければなりません。

man punching brown leather heavy bag

また、かなりの緊張やストレスに晒されることになりメンタルを強く持つ必要もあります。痛みにもストレスにも効くということで、総合格闘家の間でCBDはブームになってきているようです。肉体的痛みの緩和とストレスなどのメンタル的な問題の緩和という両方の効果を求めてUFCファイターなどがこぞってCBDを利用しているようです。

USであれば医療大麻も解禁されている州も多く利用が可能な場合がありますが、CBDはTHCとは異なり向精神薬系の効果はまったくなく、ハイになることがないというのも大きな要因になっているようです。

総合格闘技は最も過酷なスポーツの1つであり、選手は定期的に痛み、痛み、靭帯の損傷、炎症の重い症例、脳震盪、およびその他の頭部外傷に苦しんでいます。 

これらの効果は、体を破壊して完全な回復を妨げるだけでなく、睡眠を困難にします。したがって、多くの選手は、100%でパフォーマンスを行い、スポーツ以外の生活を続けることが困難です。 

a man holds his head while sitting on a sofa

CBDは総合格闘家が抱えるこうした問題に対処し、トレーニング間の回復時間を改善し、睡眠を助けるのに役立ちます。

また、 2019年の研究 ではCBDには抗炎症作用と抗酸化作用の両方があることがわかりました。この研究は、CBDがラット、マウス、およびヒトにおけるCB1受容体(この受容体の活性化が炎症反応引き起こす)に作用すると報告しました。

また、CBDがリラクゼーションを促進するGABA神経伝達物質をサポートできるという効果の研究成果もあり(2017年の研究)。睡眠サイクルが改善されることが期待されます。睡眠の改善は、アスリートの回復に欠かせない要素です。

結論

 CBD(カンナビジオール)は、痛みや炎症を軽減し、回復を促進し、睡眠を改善する上で多くの可能性が研究で明らかになってきております。その効果を求め、多くの総合格闘家が肉体的な回復と精神的な回復の効果を狙って利用した結果、選手間で非常によいと評判になりブームになっているようです。

 

[PR] エンジニア向けCBDキャンディー | Geeks (ギークス)

株式会社フレークス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:佐藤憲一、以下 フレークス)は、世界初のエンジニア向けCBD配合キャンディ『#Geeks(ギークス)』(以下、#Geeks) の事前予約を開始 ...

-使い方, 海外

© 2021 CBD Live