海外 研究

CBDは鬱病に効果があるのか?

カンナビジオール(CBD)は近年注目されている天然物質で、数多くの研究が行われています。とりわけCBDの鬱病に対する研究は数多く行われています。

CBDはカンナビノイドと呼ばれる大麻草由来の天然化合物の一種です。CBDはテトラヒドロカンナビノール(THC)と似ていますが、この2つの化合物は体内での作用が異なります。THCは、大麻を使用している間に人が経験する多幸感や「高揚感」をもたらしますが、日本国内では使用が禁止されています。対してCBDにはこのような効果なく、鎮静作用、鎮痛作用、睡眠改善作用があると言われています。

なぜCBDが鬱病に聞くと考えられているのか

鬱病は精神疾患の一種で、健康、社会生活、仕事、幸福度などに長期的な影響を及ぼす可能性があります。

鬱病の発症にはセロトニンが関係していると言われていますが、CBDはセロトニン受容体正の相互作用を持つと考えられているためうつ病の治療に役立つ可能性があると言われています。

鬱病になった場合は心療内科にて薬を処方してもらうことが可能ですが、これらの薬の多くには、精神不安、不眠、目眩などの副作用が発生する場合があります。そこで新たな治療法としてCBDが注目されているというわけです。

CBDの鬱病に関する研究

CBDは鬱病と治療薬として初期の研究で有効性が示されており、人によっては副作用が少なくなる可能性があります。

2014年の研究結果では、CBDは脳内のセロトニン受容体と正の相互作用を持っている可能性があると報告しています。

セロトニンは人の感情状態や幸福感などの体内のさまざまな機能に影響を与えます。そのためセロトニンのレベルをバランスよく保つことは鬱病の人にとって重要な治療法となると考えられているようです。

研究で報告れていること

論文のかなで報告されていることを要約すると以下のようになります。

  • 動物実験において鬱病に対してCBDが有効という結果が出ている
  • CBDが抗鬱剤に近い働きをしている
  • 2018年のレビューにて、多くの研究で動物実験においてCBDの抗ストレス・抗鬱活性を示している
  • 実験で確認されて物質な抗ストレス効果を示しており、特定の試験ではCBDは抗鬱剤として作用していた
  • 化合物が脳のエンドカンナビノイド受容体を直接活性化することなく作用したことを発見し、これはCBDが習慣化または中毒性になるリスクが少ないことを示している可能性がある
  • 2018年からの研究では、CBDが即効性のある抗鬱剤として有望であることを示した

結論

CBDの鬱病に対する効果はまだ調査段階ではありますが、海外の研究結果を見るとCBDは鬱病に効く可能性があるように見えます。

日本ではこの分野の研究はまだまだ行われておりませんが、CBDが鬱病を始めとする精神疾患の治療に用いられる日が来る可能性はあると思います。今後の研究に期待です。

 

 

-海外, 研究

© 2021 CBD Live